2013年08月31日

another sky



言葉にした途端 懸念は現実に身をうつし
孤独の河を 漂いはじめた
空は夏を越え 空気は乾き
大地は冬枯れの準備を始める

低気圧 雲は垂れこめ
今にも泣きそうなまま
哀しみを やり過ごし

現実を幻想へと 回帰させられたら

新しい季節と すべて振り払うための道を

小さくなるほど 強烈な輝きを放ちはじめる過去と
消え行く 忘却の迷路に置き去りにされた 存在

引き換えに なにもなく

ただ雲のその上の 空は蒼く




posted by pulsation at 16:02| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

蒼い夜


帰るところはもうないよ
あの時空を見上げて 決めたたびだち
不安や後悔の予感なんてものは
どんな笑顔の下にも 隠れてるもの

だから 笑うんです
だから 歩くんです
笑えなくても
動けなくても      

なにもかも 思うようにいかなくて
過去だけが 眩しく見えて

ひとりで夜の中
蒼い眠りに 導かれるまま
灼熱の 昼の空気を 少しだけ
溶かしてゆく フロンの風

必ず今のこの時も いつか
思い出になって

淡く輝く 過去になるんだね
季節とともに 時間の中にその場所をつくって

ひとつひとつ つながっていって
いつか 

見つかるといいな
優しい場所を
帰れる場所を


posted by pulsation at 12:08| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

無題



ざわめく風が 孤独の予感を知らせてた
今なら引き返せるから と
ささやいてるよ


ここですべてを 置き去りにすることは
消え行く夢のかけらをなすすべなく眺めることより

たやすいことなの
痛みもさほどない

そう 今ならまだ大丈夫

ねえ キミは
取り残されるのが怖くて 誰よりもはやく 
去ろうとするのだろう

そこに 理由も建前もいらないんだよ
本当はね

だから 冷たい雨が 降る前に
僕を拒む 立ちはだかる壁のような
切り裂く嵐が 来る前に

たぶん どこにもない 居場所を 求めて
ふたたび 歩きはじめようか


優しい時間を 取り戻せる錯覚をいだきながら
また 漂うように
さまよい歩くのが 良いのかもしれない
それを希望と 呼んでも良いなら





posted by pulsation at 19:24| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

green



定点を決めると 景色は一本の河になり
どこまでも連なってゆく
一瞬カーブで 途切れたとたん
現実の波が ふたたび押し寄せる


窓を開けて 風に遮られる 呼吸の苦しみに
生きてること 感じたりもする
そして
突き刺さる 言葉の棘を
擬似的に 忘れるように 
目を閉じて 景色だけを空想する


まだ 何でもできる気がしてた少し前のこと
人生なんて 一瞬で終わるものだなんて 
知らずにいた

いろいろな世界 回ってみたけど
あたしがあたしらしく いられる場所なんて
ありはしなかった

本当は らしさとかって
よくわからないだけ

今はただ この道の風景を
見つめて 通り過ぎてゆくプロセス
どうすればいいかわからないってことを
わかってるから
このままじゃ 何も見つからないことも


緑色の河を 無思考に見つめてる
今の瞬間も
時の中に まぎれてゆくよ
夢見てるみたいな 青空の下

夢に出てきた 一瞬の希望のような空間にて


posted by pulsation at 22:15| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

水色

夢を見た
淡い水色のもやのかかる なつかしい匂いの
いつも思い出してた おだやかな空気に満ちた 幼い日の
午後の 眠りを

すべてのはじまりは
何かを知った 
この世で生きてから 4年目の夏
そして遠くで そんな自分を見つめる
自分が いた
安らぎは いつも親切な他人

おかあさん、あなたの背中を 知らない
あなたが払った報酬が
夢の断片を思い出させる材料になった

それでも何もないよりはまし
そう いつも思いながら
吹きすさぶ風と 降りしきる雨を
否定しながら 生きてきた
それが 唯一の方法だったから

水色の淡い午後
片手にちいさな風車
そのまま眠る あの頃の夢



posted by pulsation at 04:22| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

終りのない終点

螺旋を描く つむじ風に乗って
高く高く 舞い上がる
遠のく意識に 全部ゆだねて
抵抗は 無駄だし その理由もないし

そう 運命は 混ぜ合わせた絵の具を
無造作に 塗り込めたキャンバス
ループしては戻る 結局それが
流れ着く場所

暖かい冬の記憶を 真っ黒な絵の具で塗りつぶして
微風にさえ凍える季節に
立ち向かう 気力もないよ

でも こうして生きてる限り
流されて そして
たどりついた場所が パラダイスだという錯覚のまま
生きているんだ

だから 生きてゆけるんだよ
posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

再会



この雨がやんだら
風が吹いたら
また閉ざされた場所 再び帰るんだね
ずっと前に手に入れた ラメの花のコサージュ
今年も使わないで 終わってしまった
ひとりぼっちが好きで
今までも これからも
だけど
ずっとずっと もういない君に再び
会う想定をしていて

イエローからオレンジへ変わる空
時を刻んで その彼方
ショウウインドウは 枯葉に埋もれたパンプキン
抵抗を試みる素足から
セツナサにまぎれて すべてを凍らせた

傘はいらない 雨の夕刻
小さな歩幅で 急ぎ足で
けれど あてなく 涙紛らせて

この雨がやんだら
水たまりが消えたら
諦めと 理由のない悲しみに
身を任せて 流れてゆこう
そう また半年 流れて過ごそう
posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

nothing



季節は 空へ羽ばたき
遠くに消えて見えなくなり
あたしは 弛緩した 眠りの錯覚に
惑わされてる まだ夢を見る

コトバのかわりのココロ
ココロのかわりのマナザシ
不確実な 存在
そう 何もない

通りすぎた 笑い声
信じることより 疑念として流す方が
楽なの 知ってる

存在は 確実だけど ただそれだけで
そこに何の意味もなく
生きてるだけの 個体
それがあたし

セツナサと 後悔と

窓から入り込む 秋の風に乗って

行くあてのない コトバがココロが
受け止められることなく 彷徨ってる
いつまでも 

posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

100番目の僕



懐かしさってのは 通りすぎてから感じることだ
まだここに存在するのに この喪失感にも似た感傷は
つまり 哀しみなのかもしれない
少し安らいでいたあの頃は もうとうに過ぎ去り
なごりを示す場所も存在も そこにあるけど

存在の確実さは 失くしていないということとはイコールにならない
そうだよね?
離れ離れになった ココロの隙間を
僕は感じる 本当は見て見ぬふり…いやそれさえも気付かない
そんな僕であったなら
もっと楽に 生きれたことだろう

今はすべて 季節の雨と風に流し
君の感情を感じ取る ずっと前の状態にリセットする
そんな作業を しているよ
時間は二度と戻らないし これ以上の喪失には耐えられないから

もしかしたら 一番 苦しくて
一番愚かなやり方なのかもしれないけれど
君のココロからすでに 葬り去られて 僕はどこにもいないし
そんなことはわかってるけど

だけど 醜いあがきを晒さないように ただ
取り繕って ここにいたいから

壊れることも すでに失くしたことも
わかってるよ
だから 懐かしさとか なごりおしさとか
そういう言葉で ごまかして
ここにいたい気持ちに 言いわけしてる
ただ それだけなんだ

一番のモノ 二度と見つかりそうもないけど
僕は 君にとって100番でも
それでいいって 思う

それでいいよ…それで

posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

エイエンノヤミヨ

夜明けの一歩前
漆黒の闇の中を 手探りで歩く
頼りない感覚 ふわふわ浮かぶ
痛みも感じない からっぽになった
あたしの世界 

デジャヴ 幾度となく通りすぎた道
同じ自分 忘却の岐路はその時
無意識を選び それは自虐にも似て

無呼吸の 深海から抜け出した瞬間
肺が酸素を 貪欲に求め
望まなくとも 生きてゆくということは
単なるシステムなんだと思った

夜明け それは新しい希望ではなく
絶望の延長にすぎなく
 
緑色の封筒
君の無言の手紙 破りかけて思いとどまり
もしもこの世界に 帰ってきたなら
想いごと 全部返すよ いらないから
今はだから そっとしておいて

朝 それは夜の延長
明けることのない 長い長い夜の――

posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日



そのうさぎは さみしさに 死んだ
死してもなお 悲しまれることなく
月に帰ることも できず

そのうさぎは 闇にまぎれ
今もまだ 秋の夜
葉音のように なき続けてる

そのうさぎは さみしさに 死んだ
誰も 彼女を 悲しまない
永久に 死に続け
永久に なき続ける

あたしは 祈る
君のために 祈る

言葉に夢は見ないわ それは君に教わったこと
細い糸を 断ち切らないよう 大切にしたつもり
そう 無邪気に 切りつけて
当たり前のように 傷をえぐるのね

当然 うさぎはさみしさに 死んだ
誰も 彼女を 悲しまない
永久に 死に続け
永久に なき続ける

あたしは 祈る
君のために 祈る



posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

maybe sad



帰らぬ時間と 行方知れずの言葉
ぼんやり 思ってた
非現実感が 現実なんだって
いつもそうでしょ だってそれが最後の話

掟は破られ あたしは
儚く その時を 演じるの
それが後悔となること わかってて
何もいらないはずなのに だって

何もなかったし 君が欲しいものも 見つからなかったのかな
けれど わずがな微笑みの誘惑は
幻影と知っていても 歩み寄り
掴む手は 何も触れず 絶望の渦が
ぐるぐるまわる その中で
思考は止まり 途方に暮れ そっと過ぎ去るのを待つ

理解は 常に曖昧で
頷くのは 本当ではなく
ただここに いたかったからなのだと思う
あたしがじっと 立ちすくんでも
何も変わらない 何も動かない
あたしが言葉を綴っても
心は 安らぐことも揺らぐこともなく

そう きっと ここにいたら
失くしてしまったのだろう いつかは
戸惑いと 少し疲れたココロ
吹き飛ばす 風を待つ
今は じっと 待つ時間なの

乾いてしまってて 涙も出ないけど
悲しいってことなのかな たぶんね 
posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

summer



さよなら8月
あと何回 君に会えるのかな
太陽と追いかけっこはじめてから
もう何年 経ったのかな
眩しくて 強烈な光を
焦れながら 木陰で見つめる
そんな人生 はじまって
もう何年 君と再会したのかな

さよなら夏の日
一番好きな季節
あれから 生きてゆくということが
どんなことなのか 教えてくれた季節
熱を持って けだるい体に
優しい雨と
たくさんの 自然の表情見せてくれる
あたしは それほど長くないかもしれない
だけど 

さよなら8月
君を夢見て また
風吹く季節をやり過ごすよ

また来年
さよなら夏の日

posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

early autumn



ひらひらと一枚 掌に
落ちてきた 秋の音
聞こえない まだあおい音
気の早い 君のようだ

なぜ行き急ぐの 振り向きもしないで
半分見せた横顔が 最後の夏だった
また来るね そして時だけは流れ
何ひとつ 変わることなく ただここにいる
君は どこにもになくて
僕が どこにいるかを
君が 知る事は 永久にないんだ

蜩が 鳴いている
汗ばんだシャツの 裾に
少し長くなった 影がのびてきた

夢の続きだったら 言葉は音で
ひとりの ハートのつぶやきは
存在が 受け止めたことだろう

けれど 言葉は ただ空に舞い
誰よりも早く 秋を知る 僕だった

河のほとり 草の上に座る少女が
じっと 水鳥を見ていた
おもむろに 携帯のシャッターを押し
友達に 水鳥の写真を送ったらしい

僕は 少しほっとして 再び空を見た
ここに いるよ 流れて流されて
たどりついたんだ 今 僕はここに いる
君に 教えたくて

posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

ゆうだち

夏の落し物 見つけた
でも いらないような気がして
そのまま通りすぎた

夕立の空 日焼け防止のアームカバー
乱暴にはずして コンビニのゴミ箱へ捨てた

ほら ね

雨がやって来た
すべてずぶぬれになって 心の芯まで
だから 荷物は増やさないことにした

路上は川になり
すべて流される 運命という混沌の海へ
あたしは 望んでたの たぶん

だから
その中 ゆっくり 歩く
たどりつける ところまで

posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日


いつまでも 足元の道は デコボコだらけで
休む場もなく 立ち止まれば倒れそうで
だから 歩くしかなくて

きっと僕だけじゃなくて 
みんなそんな道 一生歩いてくのだろう
だから 束の間思い出した 笑顔をよりどころに
また歩いてくんだ 曇り空の下

振り返ると そこには平坦な道があり
引き返したくなるけど どうしてもできなくて
時間の進行方向は 一方通行だから
穏やかな いつかの時代を
想うのは 自由だよね
せめて 優しい風が吹くまで 

彼方の空 薄い雲の向こう側
今日も 夜の合図
さよなら 今日という日
終りと始まりの境目にて

posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

無題 拾伍




あたしはナンシーになりたくて
シドを探しながら生きていたの。
彼女が死んだ歳を随分過ぎてしまって
もうナンシーにはなれないし
シドはただの偽悪的な子供だった。
それでもまだ退廃的なあの雰囲気と
暴力と死と隣り合わせの世界に妄想と
神格化された短い人生に憧れ続けてる。
もう間に合わないし、生きれば生きるほど遠ざかっていくのに。
posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

無題


そこにいるのに ここにはいないこと
どこにもいなくて からっぽならば
何も感じないで 過ごせるはずなのに

カナシイ って気持ちは
痛むハートを そのままでいなければいけないこと
理解とか 誤解とか 説明とか 喪失したナニカを
認識する手前の 疼くような予感

目の前を 時が過ぎる
定点に 立ちすくみながら

ただ手をこまねいているだけ
地球の自転に 振り回されながら

本当のことを言おうか
すべて 終わっても
世界だけは 回り続ける
そこに誰もいないのに まわり続けるんだよ

だから 始まらない物語に
夢見たままで いたいとおもう
少しだけ 臆病なハートが

呟いている

posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

雷光



忘れて思い出せない 言葉のかわりに
てのひらを 空にかざした
いつの間にか そのむこう側
風は止み 風景は止まって 動かなくなった

存在の疑問と 忘れかけてた感情が
自然の移ろいと
空の色 変わってゆく意味
少しだけ 何かが与えられた気もして
少しだけ 失った気がした

かなた 雷光が
一日を しめくくり
憧れていた 季節
また過ぎてゆく夏の真ん中で
もう少しだけ ここにいたい

風が 再び 雨を呼んで
何も気にしないかのように その中を
ゆっくり 歩く
ゆっくり…まるで楽しむかのように

本当は 空っぽになった 
ハートの ゆくえを
ただ 持てあましてただけだった

夏のまん中 雨の宵
失ったものを
思い出せないまま
あるく

あるく

posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

紅い花




季節のもたらす 小さな試練
一生 慣れることなどない
自然の悪戯 紅い花咲いて

少し戸惑い 立ち止り
おしよせる 思考の波にさらわれて
溺れないように こうして
想いの 裏側を綴る

饒舌な寡黙には とても勝てず
ぼくは今日も 少し負ける

言葉は 生まれることなく
ハートの中に 死骸になって
残って いるよ

また 時が一歩 過ぎてゆく
灼熱の 昼の名残の大気の中
何かが終わって なにかが始まり

そして なにかが…

消えてゆく 確実にね
posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

無題



うねる髪に 雨の予感
はやるハートに 喪失の気配
空は雲り 夏の影は色を失う

夢の終わりまで 少しだけ
現実と同時に始まる 終末
わかっているのに
流され 河のよどみに せき止められ
そして 諦め

降りだすはずの雨 
傘も持たずに ドアを開ける

予兆はすべて 確定した現実
それでも 雨に打たれ
流され ひと時傷つき
 
まだ 生きていくのだろう
posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

いつか いつも


けれど いつも 信じていれば

それは 神様でもいい
夢でもいい 未来でも
キミ自身でも
誰か大切な人でもいい
きっと あるだろう
どこかに いるだろう

そう その何かを信じていればさ

「大丈夫だよ」と
笑顔で言ってくれた

頷いたけれど
よくわからないんだ ごめんね
自然や 空気や この世界全部
僕のために あるものなんて
何ひとつない気がして

存在理由が わからないのに
信じるものなんて あるはずがなくて

けれど いつか 信じられたらいい

いつか


posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日


知らない人から 手紙が来る
便箋の隅に 花の形のスタンプ

不機嫌な”管理人”が
鍵をジャラジャラと鳴らし 重そうに ドアを開ける

生きる気力が 吸い取られていく場所
存在を 無に帰す場所

キミハ ダレ?

この世に帰る場所 ありますか?
あたしは もう いないからね…

posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

Solitude


偽善とまでは 言わない

言葉と笑顔に隠された 打算

傷ついているのか 疲れたのか

生きるという事に対してすべて迷い

そんな時こそ 求める 自分の世界の

気付かないまま ファシズム  

傷口に ふりそそぐ 劇薬

自業自得なんだろう ただ 一瞬 

笑顔の自分でいたいだけ

それもこれも 罪

何を どこへ 求めれば

言葉を 見つけても 置き場所見つからない僕が

posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

開放





道を塞ぐ 小さな石ころたちが
昨夜の雨に 洗われた

その先のブッシュはなぎ倒され
視界が広がる

あまりにも いつかの風景に 似すぎていたから
ただ
立ち止まったまま じっと見つめていた
その中に 見たものは
呪縛という名の 過去の 形骸
人は 時として
最も危険な場所に 身を置きたがる

無意識に自我を 押さえつけていた
実体のない 海や空が消えた
だから 新しい 世界を描く
キャンパスを 探しに行こう

二度と帰らない 世界
遥かかなたで 身を沈める
しあわせ そう
それが 求めたすべて

旅立ちの時 全部ここに置いたまま
永遠の 忘却を求めて

永遠の 明日の連鎖を 彷徨うだろう




posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日



君のことが 大嫌いなのはね
君がとても 似ているからなんだ

君は とてつもなく強欲で
醜くて 汚い
そして 平然と手に入れようとする

ただひとつ 違うのは
君が手に入れ 満足をおぼえているもの
そんなものはいらない

身を削り 何も見えなくなるくらいなら
何もいらない
なんにもいらない





posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

sayonara



季節は巡って 取り残されて
気付かないまま 終りに近づいて
凍りつかせて 無理に笑って
だけど 時が戻るわけでもなく

閉ざされたgarden 人の群れの中
わたし どこへ行けばいい
本当のトコロと とりあえずの場所
でもね なぜかうまくいかない
言葉はわかっても ココロは理解不能

もうすぐ 最後の灯りが消える
最初の 朝が来る


サヨナラ


posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

無題 拾諮




まだ仕上がってないレース編みのコースターを差し出して笑った。
「持ってく?」といつもの笑顔だった。
あと少し、もう一周編みあげれば出来上がりのはずなのに、彼女はいつもの笑顔と不思議な表情で小首をかしげていた。
もうすぐ春が来るはずだった。
 
嫌いな寒い冬を越すことも もうないのですね。




posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

太陽2


薄い布を通して 皮膚に太陽が染込む
恵みであるはずの 自然の移ろいに
僕は 侵され 立ちあがることさえままな らず

生きていることを 意識する余裕もなく
逃げまどう それらのものから

大好き 愛してるよ 永遠の片想い
ひとつ 夢をかなえるとしたら


拒まないで 最後の望みを
最初で最後の願いを

君の光に抱かれたまま 
この生を終わらせたい

だから いつか
語らず 何もなかったかのような
平凡な時間をすごし
君のもとで その時僕は

きっと 最後に 微笑むだろう


posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

無題


どこか知らないところへ 消えてしまおうと
いつも いつも 決めるのだけど
なんとなく 君のこと 思い出して
僕の居場所 どこにもないけど
君の居場所は 僕の中にあるから

やっぱりここに 帰ってきてしまう
薄暗い部屋 カーテンも開けず
ベッドに倒れ込み 眠ることなく
ココロをフライトさせる

魔法のように 空気が溶けて
風景も 思考も 渦巻になって
現実を超えて 飛びたつ空

ふと目を凝らすと 感覚のない世界
乱気流に揉まれて 回転しながら堕ちていく


おやすみの言葉が サヨナラに変わること
それだけがこわくて
だから

きょうも 夕日の中 惰性の歩みで
誰もいない 仮のねぐらに 帰ってきたよ
夢と現実の境を 彷徨うために


posted by pulsation at 00:00| Comment(0) | 2000〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。